法定三帳簿

サービス内容

労働基準法では労働者を雇用したら法定帳簿を整え保存する義務があります。
この法定3帳簿は、労働者名簿、賃金台帳、賃金台帳です、法定三帳簿以外にも作成保存しないといけない書類等があります。


労働者名簿

労働基準法第107条により、労働者を雇い入れた場合に労働者ごとに作成する必要があります。保存期間3 年

  • ①労働者氏名
  • ②生年月日
  • ③履歴
  • ④性別
  • ⑤住所
  • ⑦従事する業務の種類
  • ⑧雇入年月日
  • ➈退職や死亡年月日その理由や原因

賃金台帳

労働基準法第108条により、常時労働者を使用する場合に作成する必要があります。保存期間3 年

  • ①労働者氏名
  • ②性別
  • ③賃金の計算期間
  • ④労働日数
  • ⑤労働時間数
  • ⑥時間外労働時間数
  • ⑦深夜労働時間数
  • ⑧休日労働時間数
  • ⑨基本給や手当等の種類と額⑩控除項目と額

出勤簿等(第108条関係)賃金台帳に記載するために、出勤簿やタイムカードなどで労働日、所定・時間外・深夜・休日時間数の書類を作成する必要があります。また厚生労働省による通達「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」により確認・記録することが原則とされています。

  • ① 出勤簿やタイムレコーダー等の記録
  • ②使用者が自ら始業・終業時刻を記録した書類
  • ③残業命令書及びその報告書④労働者が記録した労働時間報告書等

「何を相談すれば良いか分からない」等の場合でも
お気軽にお問い合わせ下さい。

無料で簡易チェック等を行い問題点がないかを診断いたします。

お問い合わせはこちら

「何を相談すれば良いか分からない」等の場合でもお気軽にお問い合わせ下さい。

無料で簡易チェック等を行い問題点がないかを診断いたします。

お問い合わせはこちら
公式LINE@

@BBN2858S

公式LINE@

@BBN2858S